会社で発生する冠婚葬祭の対応を手助けするサイト

社員の冠婚葬祭、会社側としてどう対応するの?

成人のお祝いと結婚についてもう少し詳しく見ていきましょう

日本は長い歴史と伝統をもつ国です。最近元号が平成から令和になったことでこの伝統についていろいろ話題になっていますが、生活に密着した行事である冠婚葬祭もこの伝統に関わるものの一つなのではないでしょうか。
冠婚葬祭は会社の従業員数に比例するように数多く発生するものです。その中でも従業員の成人、結婚、従業員本人やその身内の葬式に会社が対応することは福利厚生の中でもとりわけ重要なものの一つと思います。
このページでは冠婚葬祭の中の成人、結婚、葬式について会社がかかわることを簡単にみていきたいと思います。
まず初めに冠ですがこれは昔の元服に当たります。現在では二十歳の成人を踏まえて対応することが多いのではないでしょうか。会社の対応としては成人時のお祝い金や品物の贈呈のほか、会社として成人式を実施する場合もあります。
次に結婚については本人に対する会社としてのお祝い金、祝電のほか、披露宴に参加する社員の持ち出しの補助を考える必要があるようです。
最後の葬式については本人かその身内なのかにより分けて考える必要があります。また会社での職位や社歴なども十分考慮が必要です。なお葬式の場合突然発生する場合が多いうえ、休暇が必要になることも多いようです。さらに業務の振り替え手配も必要になる場合があります。
葬式の場合は弔慰金についてほとんどの会社が規定している場合が多いようです。また葬式においては高位の職位者の場合、お別れ会などの会場の設定も必要な場合があります。人手が不足していれば会社から従業員を手伝いに出す場合もあるのではないでしょうか。会場案内、受付、お香典の受領、集計などといった手伝いが考えられます。

生活に密着した行事である冠婚葬祭を確認していきましょう。

二十歳の成人式や誰もがあこがれる結婚については、当事者が自分で私的に進めることのほか、企業の福利厚生項目として申請できるものがあります。企業は申請を受けて対応することもが必要ですが、その内容は多岐にわたっていますので、ここでは成人式と結婚に関わることで会社が対応することを少しまとめておきましょう。

葬式についてもう少し詳しく見ていきましょう

ご不幸が発生したご家庭では、会社に連絡するだけでなく、葬儀社、親族、友人、近隣といろいろな関係者に連絡やお願いをする必要があります。連絡が取りにくくなる可能性も高いのですが必要な情報を漏れなく得ることが重要です。ここではそのポイントを確認し手見ましょう。

冠婚葬祭は個人と会社で役割が違うよ

冠婚葬祭は葬式を除けば予定がはっきりしているものが多いのですが、多くの人にとって初めて経験するイベントでもあるようです。逆に会社は雇用している人数に比例してイベント自体の経験があるわけですが冠婚葬祭の方法は従業員により千差万別です。どんな事例があるのか確認して見ましょう。